TIME 10:00~13:00 / 15:00~19:00 ※土曜午後は14:00~18:00
無料相談のお申込み TEL:0120-469-918
24時間WEBお申込み
岡山県指定 自立支援医療機関および顎変形症 保険取扱い医療機関

見えない裏側矯正・インビザライン|たにもとゆうこ矯正歯科-岡山県玉野市

小児の治療例

HOME»  小児の治療例

小児の治療例

乳歯と永久歯とが混ざっている小児の時期には、上下のあごのバランスを整えたり舌の癖を修正したりして、永久歯がきちんと生えやすいように、あごの土台づくりの治療(一期治療)をします。
この時期から治療を始めると次のようなメリットがあります。

  • 比較的簡単な装置で治療できます。
  • 永久歯を抜かなくて済む可能性が高くなります。
  • ブラケットをつけての治療(二期治療)の期間が短縮できる、あるいはブラケットをつけなくてもよくなるかもしれません。
  • 早くからお口の環境が整うことで、その後の健やかな成長が期待できます。

この時期からの矯正治療は、歯並びやあごのバランスをよい方向へと育成していく治療です。
小児の頃からお口に関心をもちながら成長することは、先の長い人生において得られるメリットは大きいでしょう。

1.叢生(そうせい:でこぼこ)

右上の2番目の歯が生えるスキマがなく内側に入っています(9歳 女子 岡山市)。
お口の内側から歯並び全体を拡げて治しました。ブラケットはつけていません。

【治療前】

【治療後】

2.上顎前突(じょうがくぜんとつ:出っ歯)

上の前歯が出ていて、下は犬歯の生えるスペースがほとんどありません(9歳 男子 岡山市)。
お口の内側から歯並び全体を拡げて治しました。ブラケットはつけていません。

【治療前】

【治療後】

3.上顎前突(じょうがくぜんとつ)で過蓋咬合(かがいこうごう:深いかみ合わせ)

上の歯全体が前方へ出ていて、下の前歯がほとんど見えないくらい上の前歯が下がってきています(10歳 女子 玉野市)。
就寝時にお口の中に取り外し式の装置とお口の外にヘッドギア(上の歯ならび全体を後ろへ牽引する)をつけて治しました。ブラケットはつけていません。

【治療前】

【治療後】

4.過蓋咬合(かがいこうごう)

かみ合わせが深く、下の前歯は上の前歯の裏側の歯ぐきに当たっています(8歳 男子 倉敷市)。
右下の犬歯の生えるスペースが全くありません。
上あごにかみ合わせを挙げる取り外し式の装置をつけて、下には内側から歯並びを拡げる装置をつけて治しました。ブラケットはつけていません。

【治療前】

【治療後】

5.過蓋咬合(かがいこうごう)と正中離開(せいちゅうりかい)

かみ合わせが深く、上の前歯のまん中が開いていて、上の2番目の歯が生えるスペースがありません(8歳 男子 玉野市)。上あごにかみ合わせを挙げる取り外し式の装置をつけて治しました。ブラケットはつけていません。

【治療前】

【治療後】

6.正中離開(せいちゅうりかい)

上の前歯が1本ねじれて生えてきて、隣の2番目の歯が生えるスペースがありません(7歳 男子 岡山市)。
取り外しの装置にバネをつけて治しました。ブラケットはつけていません。

【治療前】

【治療後】

7.反対咬合(はんたいこうごう)と開咬(かいこう:前歯でかめない)

内側から上の歯並びを拡げて、舌の動きのトレーニングもしながら、上顎前方牽引装置(上あごを前方に成長させる)をつけて治しました(7歳 女子 岡山市)。
ブラケットはつけていません。

【治療前】

【治療後】

8.臼歯部交叉咬合(きゅうしぶこうさこうごう:片方の奥歯が反対咬合になっている)と正中離開(せいちゅうりかい)

奥歯が片方だけ反対咬合になっており、このまま放っておくとあごがゆがんで成長するかも知れません(7歳 女子 玉野市)。
上の歯並びを拡げながら上のまん中のスキマを閉じて上下の歯並びの正中がそろいました。ブラケットはつけていません。

【治療前】

【治療後】

9.臼歯部交叉咬合(きゅうしぶこうさこうごう)と正中離開(せいちゅうりかい)

奥歯が片方だけ反対咬合になっていて、下の前歯は3本しかありません(8歳 女子 玉野市)。
上の歯並びを拡げて、上の前歯のまん中のスキマを閉じて治しました。ブラケットはつけていません。

【治療前】

【治療後】

10.埋伏(まいふく:歯が埋もれて生えてこない)

左上の前歯は乳歯が残っており永久歯が生えてきません(8歳 男子 玉野市)。
乳歯を抜いて、永久歯が生えるくらいのスペースをあけて、埋もれている歯を少しずつ引っ張って生やしてきました。ブラケットはつけていません。

【治療前】

【治療後】

11. 過蓋咬合(かがいこうごう)と犬歯萌出スペースの不足(八重歯になる可能性あり)

上あごの歯列の正中(まん中)は左側に、下あごの歯列の正中は右側にズレており、左上の犬歯と右下の犬歯の生えてくるスキマがありません(10歳 男子 玉野市)。
やがて犬歯が生えてきたら八重歯になることが予想されます。
永久歯へ生え変わる時期に、お口の内側の装置と表側に目立ちにくい透明のボタンを付けて、まん中のズレを修正して八重歯にならずスムーズに生え変わりました。ブラケットはつけていません。

【治療前】

【治療後】

12. 上顎前突(じょうがくぜんとつ)で過蓋咬合(かがいこうごう)

上あごの歯列全体が前方へ出ていて、かみ合わせが深い状態です(8歳 女子 玉野市)。
永久歯へ生え変わる時期に、かみ合わせを挙上する装置とヘッドギア(上顎の成長を抑制する)を使用して治しました。ブラケットはつけていません。

【治療前】

【治療後】

※治療には個人差があります、あくまでご参考とお考えください。詳細はお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP